乾燥肌の洗顔はお湯の温度と洗い方が大事

乾燥肌の人が顔を洗う時には、気をつけるべきポイントがあります。


洗顔に使うお湯の温度と、摩擦の2点には意識を持ちながら、日々の洗顔をすることです。乾燥肌の人は自分の肌に、乾燥している皮膚という意識はあっても、敏感であるという意識は薄めです。
乾燥肌にとても近いのは、敏感肌だという事実を知っておくと、洗顔に対しても意識も違ってきます。


乾燥肌タイプが顔を洗う時に、絶対やってはならぬのが、肌への強い摩擦行為です。洗顔料の配合成分に気を取られるよりも、肌への摩擦を意識する方が、もっと大事なのです。
乾燥している肌に摩擦を与えてしまうと、皮膚は傷つくため、保護のためにあるバリア機能は壊れていきます。


顔を手でこする洗い方は、肌にとっては摩擦でしかありません。


乾燥しているお肌を洗う時には、手で擦らないで、泡でソフトに洗うようにします。


洗顔料や石鹸は、モコモコになるまで泡立てて使います。
面倒くさいからといって、ほとんど泡立たっていない洗顔料を、顔に塗りつけて洗うのは止めましょう。

水分を含ませて、ホイップみたいに泡立てて使います。

洗顔の時に使うお湯の温度は、32℃を目安にします。

うっかり暑い温度のお湯を使うと、皮脂は必要以上に消え去り、乾燥にエッジがきいてしまいます。
夏場の冷たい水は気も良いですが、毛穴汚れまで十分に落ちません。そのため、適度なぬるま湯で、やさしいすすぎを心がけましょう。
顔に洗顔料が残らないよう、しっかりと洗い流します。

最近ではオールインワンジェルといった化粧水や乳液、美容液などが一つになったスキンケア商品を使用しているという人がとても多くなってきています。


オールインワンジェルを使用してスキンケアの時間短縮をするためには、乾燥肌の人は保湿を重視しておく必要があるのです。朝の忙しい時間や、お風呂上がりなどに一種類ずつスキンケアアイテムを付けて行くのが面倒だという人にとても人気となっているのですが、乾燥肌の人はこれ一つでは保湿効果に不安があるという人がとても多いのです。


乾燥肌の人は、こういったオールインワンジェルにクリームや美容液などをプラスすることによって、十分な保湿効果を得ることができ、乾燥を防ぐことができるのです。最近では乾燥肌の人向けに保湿に特化しているオールインジェルも販売されるようになってきているのですが、それでもまだ保湿効果が足りないと感じる人もいるのです。
濃厚なテクスチャーのクリームを使用することによって、保湿効果も高まりますし、肌が乾燥してしまうということもなくなるので、とてもおすすめなのです。

夏はあまり濃厚なテクスチャーのクリームを使用してしまっても逆にベタ付いてしまうということがありますので、保湿効果の高い美容液などをプラスすることがおすすめになります。

季節と自分の肌の様子に合わせてプラスアルファのアイテムを変えるということによって、ベストなコンディションを保つことができるのです。

















関連リンク

医療脱毛で完全脱毛を目指すなら


医療脱毛は医療機関で受けられる脱毛治療になります。医師が行う医療行為と位置付けられているため、高い脱毛効果が期待でき、医師による施術の元で安全で確実な脱毛を受けることができます。...

医療脱毛が高い理由に納得してしまう


夏になると、お肌の露出が多くなります。脱毛クリニックやサロンに通う人が多くなっていくのは、やはり夏です。...