乾燥肌は敏感肌予備軍

肌に乾燥は厳禁と言われます。

これは見た目や手触りだけの問題ではなく、肌の機能的な問題が一番だったのです。

というのは肌は外側から順に、角質、真皮、皮下組織という層構造をなしています。


角質は外部刺激から肌を守るために非常に重要な役割を果たしているのです。


みずみずしく潤った肌ならいいですが、水分の不足した乾燥肌になると角質は外部刺激から肌を守るバリア機能を果たせなくなり、お肌がボロボロになっていくわけです。

乾燥肌になると肌がカサカサするだけでなく、粉をふいたりするのはバリア機能が低下し、外部刺激から攻撃されてしまっているからなのです。つまりこの状態が長く続くとちょっとした刺激にも敏感に反応してしまう敏感肌にもなりかねないのです。
放っておくと厄介な敏感肌にもなりかねない乾燥肌、これを防ぐには日ごろからの保湿ケアが重要です。


洗顔後の化粧水、美容液、乳液という一連のスキンケアが非常に重要になってくるのです。


よく化粧水で保湿すればいいとおっしゃる方がいますが、化粧水は保湿が目的ではありません。

角質を整えて次に来る有効成分の吸収を高めるのが目的なのです。

その後に美容液や乳液をつけて肌に必要な成分補給しそれを閉じ込めないことには意味がないのです。

洗顔、化粧水、美容液、乳液という一連のスキンケアが面倒でオールインワン化粧品を使っているという方も多いかもしれません。もちろんこれでもいいですが、一度にたくさんの成分を塗布すると肌に負担がかかるので、特に乾燥が気になる方は面倒であっても手順を踏んだスキンケアがおすすめです。
年齢とともに、肌の水分は失われてしまいます。


若いときには、肌が生まれ変わる過程で「天然保湿因子(NMF)」が活発に生産されます。

NMFの量が多いほど、肌内部の水分保持力が強くなり、乾燥肌になりにくくなります。しかし、加齢にともない肌の生まれ変わりのスピードが落ちるので、結果的にNMFの生成量が減ってしまいます。

すると、若いときと同じスキンケアをしていても乾燥肌になってしまいます。
空気が乾燥していないと思っても、肌内部から水分が蒸発してしまう事もあります。洗顔後は特に肌の皮脂膜が剥がれ落ちているので、水分が逃げやすいです。


秋や冬以外にも、あまり乾燥が感じられない夏場もしっかり保湿する事が大切です。
お風呂あがりや洗顔後は、なるべく時間をおかずに保湿ケアをするのがベストです。


化粧水だけで終わらせてしまうと水分が蒸発してしまうので、その上から蓋をするように乳液やクリームなどの油膜でしっかり閉じてあげるようにします。これをしっかり行えば、乾燥肌になりにくくなります。

すでに乾燥している肌でも、保湿ケアを続けていれば肌細胞が生まれ変わっていき、正常な肌質に戻ります。
肌は28日周期で生まれ変わりますが、年齢とともにそのスピードも遅くなっていきます。

だからと言って諦めてしまえばそのままです。
まずは保湿ケアを徹底して、内側の水分を逃がさないようにしてみましょう。

アンチエイジングには保湿が最大のポイントです。

池袋のたるみ治療に関する問題解決をサポートいたします。

オリジナリティに富む医療脱毛に関する特集の情報が満載です。

安心、信頼の自毛植毛の料金の様々な情報を掲載しています。

ビジネス視点でフェミークリニックの最新情報を紹介しています。

池袋のダイエットクリニックの情報をお知らせいたします。

https://allabout.co.jp/matome/cl000000012666/

http://top.tsite.jp/news/beauty/o/31342014/

http://getnews.jp/archives/1484363

関連リンク

医療脱毛で完全脱毛を目指すなら


医療脱毛は医療機関で受けられる脱毛治療になります。医師が行う医療行為と位置付けられているため、高い脱毛効果が期待でき、医師による施術の元で安全で確実な脱毛を受けることができます。...

医療脱毛が高い理由に納得してしまう


夏になると、お肌の露出が多くなります。脱毛クリニックやサロンに通う人が多くなっていくのは、やはり夏です。...