乾燥肌の使う化粧水のスキンケアポイント

乾燥肌には化粧水を使って、肌にたっぷりの水分を入れてあげましょう。


乾燥肌は潤いも足りていませんから、化粧水は肌にとっても嬉しい水分チャージになります。

肌へのみずみずしさアップには、水とのコンビネーションもバランスの良い、水溶性美容成分を使ってみるとよいでしょう。


乾燥肌には水分をたっぷり与えて、肌を整えていくことが大事です。
化粧水は何のt魔にあるのか、役割を再確認してみましょう。



皮膚へ美容成分を与えたり、保湿成分を与えたりして、その次にお肌に塗布する、エッセンスや乳液などの浸透をよくするためのものです。

もちろん、肌への水分を補充する役目もあります。



スポンジをイメージしてみるとわかりやすいです。洗剤を水分なしのスポンジにつけても、あまり浸透しません。



これを、肌に置き換えて考えてみます。



肌にいきなり、乳液やエッセンスを塗布してみても、思うようには浸透はしないものです。

ですから水分を豊富に含む化粧水を使って、肌に潤いを与えてあげます。

そのプルプルとした潤いは、次のステップで使う化粧品を、うまくコントロールしてくれることになります。



乾燥肌も使いたい水溶性の保湿成分には、いくつもの種類があります。

代表的なものとしては、ヒアルロン酸やコラーゲン、天然保湿因子などもあります。
どれも化粧品選びでは、見たことのある名前ばかりですが、この成分が保湿成分としても優れているのです。



スキンケアのポイントとして、こういった成分入りのケアアイテムをチョイスすることです。



乾燥肌は、肌バリアが失われて外部からのダメージを受けやすくなっている状態です。

ここに余計なスキンケアをしてしまうと、中の細胞に刺激がいきすぎて、炎症などの肌トラブルが起きてしまうこともあります。
乾燥肌になってしまったら、スキンケアは最小限にしましょう。

あれこれつけるプラスのスキンケアではなく、最小限のケアを行うマイナスのスキンケアです。

マイナスのスキンケアのポイントは、保湿は徹底するということです。

保湿無くして美しい肌はありえません。

保湿に始まり保湿に終わるといっても良いくらい大切です。

部分ごとの乾燥肌対策では、デコルテ(胸の辺り)と背中は皮脂が溜まりやすいですが、それ以外の場所は皮脂線がそれほど発達していないので、力を入れて擦る必要はありません。


デコルテと背中に関しては、固形石鹸をよく泡立てて、撫でるようにしてつけると汚れが落ちます。
それ以外の場所は軽く泡をつけて流すだけにするか、もしくはぬるま湯だけで洗い流すだけで良いです。洗い終わったら、清潔なタオルでポンポン叩く感じで水分を拭き取ります。



お風呂あがり30分以内に保湿のケアを行います。


保湿ケアでは、顔を重点的に保湿します。
顔は体よりも刺激に弱いので、丁寧に保湿します。
コットンにたっぷり化粧水を染み込ませて、それを置いて肌に染み込ませます。

あとは上からクリームを使って蓋をしてあげれば良いです。
それ以外にも色々つけたくなるかもしれませんが、マイナスのスキンケアで行きましょう。

関連リンク

医療脱毛で完全脱毛を目指すなら


医療脱毛は医療機関で受けられる脱毛治療になります。医師が行う医療行為と位置付けられているため、高い脱毛効果が期待でき、医師による施術の元で安全で確実な脱毛を受けることができます。...

医療脱毛が高い理由に納得してしまう


夏になると、お肌の露出が多くなります。脱毛クリニックやサロンに通う人が多くなっていくのは、やはり夏です。...