乾燥肌を引き起こす原因

乾燥肌は皮脂を分泌する力が低下し、角質の水分を保持する力が減少している状態の肌です。
乾燥肌になる原因には加齢による皮脂の分泌量の減少や新陳代謝の低下、日焼けやストレスによっておこる角質細胞内の天然保湿因子やヒアルロン酸などの減少、セラミドの減少によるバリア機能の低下による肌荒れ、低体温や血行不良によって水分のめぐりが悪くなる、極端なダイエットなど食生活の乱れによってビタミンや脂質、亜鉛不足になるなどがあります。
また冬は湿度が低下して空気が乾燥し、夏はエアコンの風にあたることで肌の水分が奪われるなど季節によっても乾燥肌になりやすい原因があります。
肌表面は油分や汗で潤っているようでも角層には水分が足りておらず乾燥していることもあるので注意が必要です。その他洗顔のしすぎによって必要以上の皮脂を落としてしまう、日焼け止めを使用せずに紫外線を浴びることで肌の水分が蒸発する、乾燥を防ごうとスチームやミストなどを浴びると一緒に肌の水分も蒸発してしまうなど間違ったスキンケアをすることも乾燥肌を引き起こします。乾燥を防ぐためには保湿力のある洗顔料を使い、セラミド配合の化粧品を使って減少した細胞間脂質を補う、日焼け止めを使用するなど適切なスキンケアを行い、ビタミンやミネラルの多いバランスの良い食事を取ったり良質な睡眠時間を取ってストレスのない生活を送るなど体の内側と外側両方から改善していくことが必要です。乾燥肌の人は、脱毛するときにも注意が必要です。

カミソリで自己処理してしまうと、どうしても肌に刺激がいきます。
いくら優しく剃っても、刃物を押し付けているわけですから、肌にダメージがいきます。
カミソリで剃っているときの刺激は、普段体を洗うときよりも強いです。
カミソリで処理した後に全身がかゆくなってしまうという人は、なるべくならばレーザー脱毛で処理してもらったほうが良いです。
お金はかかりますが、一生の投資だと思えばそれほど高くありません。かえって自己処理で肌トラブルを招いて、あれこれスキンケア用品を買い揃える方がお金がかかります。


それよりは、レーザー脱毛で一気に処理してもらって、毛が生えないようにした方が良いです。

レーザー脱毛と光脱毛がありますが、光脱毛の方は強さが弱い分、時間がかかります。それに対してレーザー脱毛は強さが弱い分、短期間で脱毛出来るのがメリットです。
素早く脱毛するのならば、レーザー脱毛がおすすめです。

乾燥肌だと脱毛後の肌トラブルに悩まされることも多いですが、一度レーザーで脱毛してしまえば、その後は自己処理せずに済みます。

最近では自宅で使えるレーザー機器もあり、こちらも良質なものが登場しているので、それを使ってみても良いでしょう。

すでに自己処理して乾燥肌がひどくなってしまっている人は、まずは保湿しましょう。肌が敏感になっているときには極力ケアをするのは控えることが大切です。

















関連リンク

医療脱毛で完全脱毛を目指すなら


医療脱毛は医療機関で受けられる脱毛治療になります。医師が行う医療行為と位置付けられているため、高い脱毛効果が期待でき、医師による施術の元で安全で確実な脱毛を受けることができます。...

医療脱毛が高い理由に納得してしまう


夏になると、お肌の露出が多くなります。脱毛クリニックやサロンに通う人が多くなっていくのは、やはり夏です。...